menu
MENU

侮らないで!その手首の痛み。

TOP
テニスをしていて手首が痛み出した!親指側ならこの病気かも…
テニス選手も悩まされる手首の痛み、小指側の場合はテーピングで対処!
手首が痛み出したら病院へ!東京都のオススメ病院紹介
手首の痛み(小指側)を感じた時はまず湿布でケアをしましょう
手首の痛み(親指側)、妊娠前後の女性は要注意!
手首の痛み(親指側)が気になる方へ 反らすと痛いならこの病気かも!
手首の痛みが手をつくと発症する時のテーピング方法
手首の痛みが手をつくと発症する場合の治療方法
手首の痛みが小指側の場合、原因はこの病気の可能性が大!
手首の痛みを緩和する為に…テニス選手も行うテーピングのメリット
手首の痛みを病院で見てもらう時は何科に行けば良い?
copy right
© 2016 侮らないで!その手首の痛み。

テニスをしていて手首が痛み出した!
親指側ならこの病気かも…



テニスなどの手首を多く使う方は、
手首の痛みに悩まされることもあるかと思います。

この手首の痛みが親指側の場合は、
このような病気になっている可能性があるでしょう。

■ドケルバン病

ドケルバン病を発症すると、
スマッシュ等の強い力をかけた際に痛みを強く感じます。

また、力強く素振りを行った際に痛みが出ることもあるようです。

ドケルバン病は腱鞘炎の一種と考えられていて、
強い衝撃を受けることで症状が悪化します。

その為、手首を出来るだけ動かさない様にして、
炎症を抑えることで痛みが緩和するでしょう。

中には、しばらく手首を安静にしただけで完治したという方もいます。

■捻挫 打撲

捻挫や打撲など、強い衝撃を受ける
スポーツならではの原因で痛みを感じることもあります。

急激に運動を行ったという方は、
捻挫や打撲が原因の手首の痛みを
発症することが多いようです。

打撲や捻挫などが原因の場合は、
患部を冷やし安静にすることで、
比較的早く痛みが緩和するでしょう。

また、運動をする前に手首のウォーミングアップを行うことで、
捻挫になる可能性が下がります。

捻挫をした状態で無理に動かすと、
症状が悪化してしまいますので気をつけましょう。

テニスを現在やられているという方は特に注意。

最初が大したことがなくても、
悪化すると物を持つことすらままならなくなってしまうのが、
手首の痛みの恐ろしい所ですよ。

テーピングを行うなどして、
出来るだけ早く対策を行うように心がけましょう。